スマートウォッチの次はこれ!指輪型ウェアラブルデバイス「Token」

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

電子マネーやApple Watchのようなウェアラブルデバイスの出現で、生活の利便性が昔に比べ圧倒的に増している昨今、その進化系とも言える新たなウェアラブルデバイスが登場し、話題となっている。
「Token」は指輪型のデバイスで、非常に小型であるにも関わらず、クレジットカードや電子マネー、車のキー、アクセスカードやパスワードといった電子情報の送信が可能な“スマートリング”である。

時計よりさらに小型になり、使いやすくなっているのが特徴的だ。
時計と異なり、カードをかざす感覚で認証の動作が行えるのも自然で良い。
デメリットというか、あまりに小型すぎてなくしてしまいそうなのが心配だが、早速予約が殺到しているようだ。
もしかしたら、スマートウォッチの次はスマートリングが流行するかもしれない。

2017年7月14日まで予約注文することが可能なので、すぐにでも欲しい人は急いで予約したほうが良いだろう。

Token予約サイト




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ