山だと間違えて撃たれる可能性アリ!?リアル過ぎる熊の着ぐるみ寝袋

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

冬のキャンプでは、寝袋の有無は命に関わる問題だ。
できるだけ保温性の高い寝袋が必要なのだが、違う意味で命に関わりそうな、保温性と臨場感満点のユニークな寝袋をご紹介したい。

bear-sleeping-bag-eiko-ishizawa-7

bear-sleeping-bag-eiko-ishizawa-12

Eiko Ishizawaさんによる「The Sleeping Bear」は、リアルな熊の着ぐるみに入り込むタイプの寝袋だ。

bear-sleeping-bag-eiko-ishizawa-1

bear-sleeping-bag-eiko-ishizawa-5

すっぽりと自分を覆ってしまえば、まるで熊が眠っているかのような出で立ちになれる。
そのため、これを山で利用してしまうと、熊が出没したと勘違いされ撃たれてしまうかもしれない。

bear-sleeping-bag-eiko-ishizawa-11

それもそのはず、Eiko Ishizawaさんは、ドイツで170年ぶりに発見された野生のヒグマ「ブルーノ」事件に触発されて、この企画を思いついたからだ。
日本でいうアザラシの「タマちゃん」のように、ドイツ国内で人気者だった「ブルーノ」。人間に危害を与えるとして射殺され、その後は玩具メーカーが人気にあやかってぬいぐるみを出す、ミュージアムが剥製として飾る、など人間の都合に翻弄される結末となった。

この寝袋を着て山中で銃撃されるのは「ブルーノ」と同じ運命を辿ることになってしまうため、細心の注意が必要そうだ。

Eiko Ishizawa




中2イズムをフォローする