乳がんで乳首を切除した女優、逆手にってユニークな写真を公開

中2イズムをフォローする

フロリダ州に住む32歳の女優、Aniela McGuinnessさんは乳がんを患った際に、ある重大な決断をした。

それは、乳首を切除した自分の胸を、敢えて晒すことだった。

彼女はBRCA遺伝子の突然変異により、料乳房の一部切除手術を余儀なくされた。
そこで考えたのが、その事態を乗り越えるために敢えて自分が被写体となり、クリエイティブな写真を撮影する、といったものだった。

こちらがその写真たちだ。

elite-daily-Aniela-McGuinness-cancer-mastectomy5

ロージー・ザ・リベッターへのオマージュとなっているこの写真は、手術前のものだ。

次に、数週間の後に乳房切除をした際、撮影した写真がこちら。

elite-daily-Aniela-McGuinness-cancer-mastectomy6

『フランケンシュタインの花嫁』へのオマージュとなっている。

化学療法により、自身の髪の毛が脱毛してしまったAniela McGuinnessさん。その頭を逆手にとってマネキン風に撮影。

elite-daily-Aniela-McGuinness-cancer-mastectomy

時には手術跡をユーモアたっぷりに表現することも。

elite-daily-Aniela-McGuinness-cancer-mastectomy2

数か月後に人工乳首を装着することになったAniela McGuinnessさん。その状況も逆手にとって、ユーモラスな写真を撮影。

elite-daily-Aniela-McGuinness-cancer-mastectomy4

とても勇気ある行動をしているAniela McGuinnessさんだが、乳がんの早期検診と予防について啓蒙していきたいとの思いからこのような企画に挑戦し続けているとのこと。

elite-daily-Aniela-McGuinness-cancer-mastectomy3

彼女にしか出来ないような切り口で高いクオリティの写真を公開していくことは、啓蒙に繋がるだけでなく、同じ乳がん患者の方々にとっても強い励みとなるだろう。

日本国内でも北斗晶さんなど同様に自身の境遇を赤裸々に伝えることで、啓蒙に繋げている方がいる。そういった方々によって、少しでも病気について考える機会が増えることは、社会全体にとっても大切ではないだろうか。

Aniela McGuinnessさんブログ




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ